薄毛にはコラーゲン減少が関わっていた

薄毛はコラーゲンの減少によって起こる?!

先日、東京医科歯科大学が「薄毛はコラーゲンの減少によるもの」と発表しました。

 

薄毛のメカニズムがまた一つ解明されたんですね。

 

薄毛とコラーゲンの関係!毛包はコラーゲンで守られていた!

 

薄毛に白髪。

 

髪の悩みはつきません。

 

毛包幹細胞はコラーゲンに保護されている!

 

毛包幹細胞は、毛を作る細胞。

 

この細胞は、毛を作るときに細胞分裂、DNAを傷つけます。

 

でも、コラーゲンが豊富な若いうちは、自ら修復できるんですね。

 

コラーゲンは、歳とともに減少します。

 

nurse

 

コラーゲンが減少すると、修復のための酵素を使わざるを得ません。

 

なんと、酵素はコラーゲンをさらに分解する性質があるんです。

 

コラーゲンがどんどん減少して、保護を失った毛包幹細胞は、皮膚の表面へと追いやられ、フケや垢となって皮膚から剥がれ落ちます。

 

このとき毛穴は徐々に小さくなり、やがて無くなっていくんです。

 

これが薄毛のメカニズム。

 

遺伝子操作したマウス実験によると、コラーゲンを持っていないマウスは生後10ヵ月でほとんどの毛が抜け落ちます。

 

一方、コラーゲンを体内で作り続けるマウスは、2年8ヵ月を過ぎても、毛がフサフサだったといいます。

 

薄毛とコラーゲンの関係!毛包はコラーゲンで守られていた!

これまでの薄毛といえば、“男性ホルモン”が原因と言われていましたが、毛包幹細胞のコラーゲンの減少が、原因の一つだったんですね。!

 

男女関係なく、歳をとってコラーゲンが減少すれば、毛が薄くなるといえます。

 

つまり薄毛改善のカギはコラーゲンにあったんですね。

 

コラーゲンを効率よくとるには?

 

コラーゲンは、分子が大きいため、摂取しても吸収されずにほとんど排出されてしまいます。

 

コラーゲンを体内に吸収するには、良質なコラーゲンの素を取る必要があるんです。

 

その「素」というのはアミノ酸!

 

実は、コラーゲンは、様々なアミノ酸から構成されているんです。

 

薄毛とコラーゲンの関係!毛包はコラーゲンで守られていた!

 

良質なアミノ酸をそのまま取れば、分子も小さいので吸収されやすく、体内でコラーゲンを生成することができるんです。

 

良質なアミノ酸を多く含むすっぽん小町がオススメ!

 

アミノ酸を効率よく摂るために、オススメなのはすっぽん小町!

 

すっぽん小町

 

最初にすっぽん小町の公式サイトをチェック

 

すっぽん小町には、コラーゲンの素となる良質のアミノ酸がたっぷり含まれており、その量は黒酢の91倍!

 

累計販売数1,000万袋を記録した手軽にすっぽんアミノ酸をとれるサプリメントなんです。

 

薄毛とコラーゲンの関係!毛包はコラーゲンで守られていた!

 

もちろん全国送料無料!

 

髪がフサフサで白髪なんて関係なかった頃には戻れないかもしれません。

 

でも、今の年齢でできるケアがあるはずです。

 

飲み続けることによって、体内でコラーゲンが生成できて、髪が抜ける量が少なくなるなら、一度試したいものです。

 

髪もお肌もプルプルになりたいですね。

 

良質のアミノ酸をとれるすっぽん小町の公式サイトはこちら

 

トップページはこちら